2005年03月22日

目を閉じておいでよ

最近参加させてもらっているキルトクール株式会社よりお知らせです
競馬予想ソフト「競馬道GT3」の発売を記念して
競馬道GT3キルトクール争奪戦という企画があるそうです
高松宮記念とマーチステークスのキルトクール馬を予想して応募すれば素敵な賞品が…ということだそうです
気が向いたらご参加あれ

このキルトクール株式会社に参加を表明して今は準社員という扱いですが
近々社員になれて役職をもらえるようなので楽しみにしております
今度ヒマなときにキルトクールについて自分なりに分析してみましょうかね


ところでネット競馬の予想大会でなぜか絶好調です
ネット競馬予想大会の成績
馬連的中率の順位が5位まで上昇しました
先週もフラワーCでタテメを押さえてたり阪神大賞典でアイポッパーから総流しをかけてたりで的中率を上げました
10点買えばこんなに当たるのにそっから絞ると何でこんなにも当たらないんでしょうかねぇ…
しかしワイド中心に買うようになったとたん馬連が当たりだすとは皮肉なものよのぅ…
それにしても異様なまでの単勝的中率の低さは呪われているのでしょうか…


さて今週は春のG1第一弾高松宮記念があります
このレースでは過去7度予想して本命馬が6回連対していますが
全て抜け目で一度も馬券を取れてないという
相性が良いんだか悪いんだかわからないレースです
最近は三年連続して本命馬と一番買いたくないと思った馬(キルトクール馬)で決着しています
今年はどうなることでしょう
一番勝つ可能性が高いなと思うのはプレシャスカフェです
一番買いたいなと思うのはウインクリューガーです
一番狙いたいなと思うのはギャラントアローです
一番買いたくないなと思うのはメイショウボーラーです
あと左回りが全然ダメなカルストンライトオや連続して好走できないキーンランドスワンには食指が伸びませんね
穴で面白そうなのはタマモホットプレイでしょうか
例年の法則通りだとプレシャスカフェとメイショウボーラーで決まってしまうことになりますが今年はどうなるでしょうね
posted by 犬太郎 at 13:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

明日、春が来たら

最近ポカポカと温かくなってきましたね
春の訪れを感じます

さて春といえば日本三大祭りの一つである「ヤマザキ春のパン祭り」でしょう
ボクも毎年パンを食べまくって
白いお皿をコンスタントに2枚はもらっています
使いやすいし嫁に投げられても割れにくいしで
うちではたいへん重宝しております

ちなみに三大祭りのあとの二つは
「秋葉原電気まつり」と「TBSオールスター感謝祭」です
以前は「花王ヘアケア祭」と「東映まんが祭り」でしたけど…


さてそんなガセビアは措いといてスプリングSをはじめとした今週の展望でも

フラワーカップ
2戦2勝のシーザリオが人気でしょうか
でもどんぐりの背比べって感じでしょうかね
前走道悪で負けたアルフォンシーヌやダートで負けたシャルムーズあたりが狙い目でしょうか
名前的にフレンドリーステラが気になりますが…

スプリングステークス
ペールギュントの鞍上がヨシトミ先生だそうで危険な匂いがします
狙い目はストラスアイラでしょうか
前走ジュニアCでは脚を余した負け方で決して力負けではありません
トライアルで激走しそうなパラダイスクリーク産駒のこの馬に穴を期待してます

阪神大賞典
アイポッパーとサクラセンチュリーの新興勢力一騎打ちに
リンカーンがどこまで復調しているかが見所でしょうか
自分としてはコイントスがここらで復活して穴をあけてほしいなと思ってます
posted by 犬太郎 at 22:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

二人のハーモニー

netkeiba.comの予想大会の成績がすごいことになっています
馬連的中率が60.0%で現在全体の6位になっています
しかし単勝の的中率は8.0%で1344位なんですよね
この落差はなんなんでしょうか…

それに対しうちの嫁さんは馬連的中率は21.4%で786位とそこそこなんですが
単勝の的中率が57.1%と全体の13位になっています

二人で力を合わせれば総合一位も夢じゃないかも…


さてそんなわけで今週の展望です

中山牝馬ステークス
もうヤマニンアラバスタしか見えません
実力上位↑苦手な輸送無し↑叩き2戦目↑53キロの軽ハンデ↑で人気被るわけでないと好材料のオンパレードです
現在除外対象なようなのでなんとか出走して欲しいものです…
逆にウイングレットは今回斤量増↓距離延長↓人気の中心になり目標になる↓と条件の揃ってた前走に比べて厳しい戦いになることが予想されます
あと買いたいのはマイネヌーヴェルやブライアンズレターなどの中山コースと相性の良いロベルト系の血統の馬でしょうか
展開次第ではベルモントパティが突っ込んできて穴をあけるかもしれません


クリスタルカップ
人気はアイルラヴァゲインでしょうか
しかしメインで人気の柴田善臣は危険な匂いがします
血統的に面白そうなのはモエレフェニックスですね
母父ノーザンテーストのサンデー産駒って1600と1800の間でガラっと変わることが多いです
フジキセキ産駒ですが去年2着のビッグファルコンと同じ匂いを感じます


フィリーズレビュー
ディアデラノビアが本気で連闘してくるようですね
ローテーションが嫌われて人気を落とすようなら買いだと思います
ただここを使ったことでここを勝っても負けても本番では厳しくなるのではないでしょうか
ディアデラノビアがここでラインクラフトを負かしてくれれば本番でラインクラフトを素直に買いやすくなるのですがそううまく事が運びますかね…
posted by 犬太郎 at 09:52| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

Name Of Love

昨日は結婚記念日イヴでした(しかし今日は結婚記念日に非ず)
そんなわけで新婚旅行以来一年ぶりに結婚指輪をはめています
しかし指輪してると気になっちゃって仕方ないですね…


今日から3月
そして今週は弥生賞
というわけで登録馬を見ての今週の展望でも語りたいと思います


弥生賞はなんといっても注目はディープインパクトでしょう
アドマイヤジャパンやマイネルレコルト相手に
いったいどんな勝ち方をしてくれるか楽しみです
堅く収まりそうなのでこのレースで穴勝負に出るのはやめておこうと思います


チューリップ賞の注目馬はディアデラノビアでしょうか
この恐竜みたいな名前は「Dia de la Novia」という綴りで書かれ
4月1日にあるアルゼンチンの恋人の特別な日のことを指すそうです
英語に直訳すると「Day of the girlfriend」ってとこでしょうか
このアルゼンチンの名牝にサンデーというコイントスを思わせる血統の牝馬がどんなものか楽しみです
あと注目はゴールドアリュールの全妹オリエントチャームでしょうか
他にもジェダイトやアスピリンスノーなど今回はいい感じの名前の有力馬が揃ってますね
その中で異彩を放つのがシゲルコレデモカ
牝馬にコレデモカってどうなんでしょう…
ところで「コリンナ」をパッと見「ユンソナ」と読んでしまうのはボクだけでしょうか…


今週は中京記念もあります
あのメイショウキオウの激走から一年
いつか穴を開けると買い続けてたにもかかわらず馬券が取れなかったんでものすごく悔しかった思い出がありますね…
今ワイドメインで馬券買ってるのも一年前のこのレースあってこそです
そんな今年の中京記念にサンライズペガサスが登録してきました
叩き2戦目で苦手の京都コースから変わってここは買い時ではないでしょうか
中一週なので出てくるかわかりませんが出てきたら本命にすると思います
posted by 犬太郎 at 11:27| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

日曜日よりの使者

今週は今年最初のG1フェブラリーステークスがあります
出走馬が確定したわけですが未だどの馬を本命にしたものか決めかねています
ヒシアトラスやパーソナルラッシュが面白そうと思っていますが
本命にしたら飛びそうな気がするんですよね…
なんかあっさりアドマイヤドンが連覇しそうな気が…
とりあえずメイショウボーラーは危険な人気馬と思ってますが…

そんなフェブラリーの日の10レースアメジストSではヤマニンアラバスタが出走してきます
紫苑ステークスを快勝したように錯覚してしまいますがまだ1600万下に出られるんですね…
しかもシルクボンバイエまで出てくるではありませんか
さらに7レースではギミーシェルターが武豊騎乗で出てきます
馬券的には面白くないですが非常に興味深い
ここまで揃うなら日曜日は府中に行って見届けたいですねぇ
行こうかなぁ…当日夜勤あるけど…
posted by 犬太郎 at 23:09| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

私の彼は午前様

共同通信杯で本命にして2着に好走してくれたダイワアプセットが
競走中に骨折していたそうで予後不良になってしまいました
エルコンドルパサー産駒は次の世代が最後ですし非常に残念です

競争中止して予後不良ってのも悲しいですが
完走したあとに予後不良ってのも一段と物悲しいものがあります
同じダイワの馬でダイワカーリアンも完走後に心臓麻痺で死んでしまいましたね
その時の鞍上も柴田善臣でした…


そんなわけで今日は関東リーディングジョッキー柴田善臣について掘り下げて検証してみましょう

この人の印象としては平場のレースで勝ちまくる・大舞台に弱い・アウェーに弱いってとこでしょうか
騎乗スタイルとしては馬任せに乗る傾向があり
後藤騎手のような無理やりな早仕掛けや横山典騎手のような決め打った後方待機はあまりみられません
無難に乗るので平場で人気馬に乗ったときは安心して買えますが
馬任せなのでスマイルトゥモローみたいな掛かりグセの強い馬には持ってかれてしまいます

この人はとにかく平場のレースで勝ちまくります
去年145勝中112勝を平場のレースであげ、全勝ち星に占める平場の割合77.2%です
それに対し関西リーディングの武豊騎手は67.4%です
重賞も3勝しただけで関東リーディングの騎手にしては寂しい気がします

通算での勝率は 平場…13.4% 特別…12.3% 重賞…8.6% と格が上がるほど下降線です
生涯獲得賞金でみてみると1523勝で280億円で
ほぼ同じ1504勝している横山典弘騎手が306億円なのをみると大舞台での弱さがうかがえます

重賞64勝中G1は5勝です
ちなみに吉田豊騎手は重賞17勝でG1を8勝しています
5勝したG1はヤマニンゼファーの安田記念・天皇賞秋、タイキフォーチュンのNHKマイルカップ
オフサイドトラップの天皇賞秋、キングヘイローの高松宮記念と見事に全部左回りです

昨年145勝は全て府中・中山・新潟・福島であげました
通算重賞64勝中阪神2勝、中京2勝であとは全部府中・中山・新潟・福島の4場であげてます
ちなみに藤田伸二騎手は昨年59勝目で全10場制覇を達成しました


そんな柴田善臣ですがオフィシャルサイトを見るとハヤブサの飼育にはまってる姿とかなかなか好感が持てます


そんなわけで柴田善臣騎手を買うときは
「大舞台に弱い」「左回り得意」「輸送に弱い」などの特徴をふまえて買うと良いかもしれません
posted by 犬太郎 at 21:39| 千葉 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

鬼たいじ

今日は節分です
節分といえば豆まき
昔から我が家では落花生を撒いていました
それだと床に落ちたやつも拾って食べられますからね

でもそれを他の人に言って同意されたことはありません
やはり大豆でなければダメなんでしょうか…
落ちた大豆は拾って食べるんでしょうか…
それとも捨ててしまうのでしょうか…

まぁ今は嫁さんが豆嫌いなもんで豆まき自体してないんですけどね

「鬼は外 鬼は外」

というわけで小倉大賞典は外枠に注目!!
こういうローカルの多頭数のレースは外差しの展開になりやすい傾向があります
これは小回りのきついカーブと短い直線のため
レースが3コーナー過ぎから動いて
外を回した馬は直線に入った時点でトップスピードに乗れるのに対し
内から差そうとした馬は直線に入ってもトップスピードに乗れておらず
直線が短いためそのまま外を回した馬が押し切るって感じになりやすいからと思われます
無条件に外枠の差し馬を買っていけば思わぬ高配当にありつけるかもしれません
枠順発表が楽しみです

共同通信杯は少頭数で馬券的にあまり面白くないので一点勝負でもしますかな

シルクロードステークスは58キロを背負う二頭の取捨が悩ましいですが
買いたいのはコンコルディア・シルヴァーゼット・マルターズヒートの軽量の四歳馬ですね

「福は内 福は内」
posted by 犬太郎 at 23:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

AMBITIOUS JAPAN!

今週号のGallpの表紙は藤田伸二騎手です
リーダーこと藤田伸二騎手

いつもはお馬さんが表紙なのに珍しいこともあるものです

しかしこうやって取り上げられるのには訳があって
昨年藤田騎手が特別模範騎手賞という賞を受賞したからだそうです
この賞は過去に河内洋騎手と柴田政人騎手がそれぞれ一回受賞したのみという史上3度目もので
制裁点が0点でかつ勝数・勝率・獲得賞金のいずれかが全国リーディング5位以内という非常に条件の厳しい賞です
ちなみに制裁点が10点以内かつ30勝以上でフェアプレー賞になります
いくら勝ち星を重ねても武豊騎手は先週8点の制裁を受けてたのですでに今年の権利を失っていますね

しかし恥ずかしながらボクは今までそんな賞のこと知りませんでした
けっこう知らない人多いのではないかと思います
もっと大々的に取り上げるべき記録だと思うんですけどね…


ところで藤田騎手とTOKIOのリーダー城島茂が似ていると思うのは私だけでしょうか…
密かに藤田騎手のことを「リーダー」と呼んでいるのですが…
posted by 犬太郎 at 23:32| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

GO Steady GO!

ゴーステディがとうとう脚部不安が解消せずに1/19に登録抹消になってしまいました
あの暴走した秋の天皇賞が最後のレースになってしまいましたね…
結局重賞を勝つことが出来なかったので第二の馬生は厳しいでしょうが
どうか無事で暮らして欲しいですねぇ…

03/10/15の日記でゴーステディとの馬券の相性について語ってますがタテメばっかりでしたね…

てゆうか好きな馬って決まって馬券の相性が悪いですね…

そんなわけで02年の金杯から始めた重賞全予想で誰を本命にした回数が多いのか数えてみました

8回 スマイルトゥモロー
7回 ナリタトップロード
6回 グラスエイコウオー、ゴーステディ
5回 ギャラントアロー、タップダンスシチー、ニシノシタン
4回 アドマイヤドン、サイドワインダー、サニングデール
   ジェミードレス、ショウナンカンプ、ブルーコンコルド
   ブレイクタイム、マイネルゼスト、ワンダフルデイズ

なかなかわかりやすいランキングになりました…


さて今週は東京新聞杯にタップダンスシチーと同じ5回も本命にしているニシノシタンが出走予定です
今回はハットトリックを中心に後から行く馬が人気になるようなのでこの馬にとって向く展開になりそうです
楽に逃げられれば逃げ切りも考えられそうですがニューベリー@後藤がそれを許さないでしょうか…
開幕週ということもあるので穴なら先行して粘りそうな馬かなと思ってます

根岸ステークスはスパイキュールが骨折で回避したため
メイショウボーラーを中心にレースが動くことになりそうです
結果早めの競馬となり穴なら後から行く馬ではないでしょうか
昨年の覇者シャドウスケイプなんかいい感じに人気落としてて面白そうです

京都牝馬ステークスは力関係・展開・状態と全て上向きに思え
それでいて人気もあまり被ってないウイングレットから行こうと思います
いい穴馬を連れてきてくれないかじっくり吟味しましょう
posted by 犬太郎 at 09:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

数の論理で-Cause you know lonely day-

さてセンター試験三日目です
なんかやりだしたら止まらなくなっちゃいましたね…
そんなわけで地理Bと数学1・Aをやって地理が77点で数学が80点でした

地理は結構勘で分かる問題が多かったですね
数学は一度出した答が解答欄に合わずに計算しなおすことの繰り返しで
実際に試験受けてたら時間切れでだったでしょう
数学2のほうでは三角関数が全然ダメでしたが
こちらも三角比を使った問題が全く分かりませんでしたね


三角比といい三角関数といい自分は三角関係に弱いですね…


三角関係といえば
98年クラシックでは皐月賞でスペシャルウィーク本命でダービーでキングヘイロー本命だったし
春天で
ローレルトップガンマーベラスサンデーで3強だったときも
オペラオートップロードラスカルスズカで3強だったときも
オペラオートップロードドトウで3強だったときも
どれも3着の馬が本命だったしで
三強決着にもめっぽう弱いです…

今週のAJCCもクラフトワーク・グラスポジション・エアシェイディの3強ムードですがどうなるでしょう

ってちょっと無理やりでしたね…

まぁクラフトワークが抜けた人気になるでしょうが素直に本命にはしたく無いですね
間隔を開けた方が走る馬ですしスローの前残りを捕まえられないことが考えられますし
そんなわけで障害帰りのアクティブバイオに期待したいかな

平安ステークスは穴でビッグウルフが面白そうかなと思います
前走芝とはいえ15頭立て15番人気15着ですし地方でしか実績残してないですし
テン乗りだしただ一頭だけ59キロ背負わされてるしではっきり言って不安材料のオンパレードです
しかし実力馬がこれでもかってくらいに人気を落としてるってだけで買い材料かなと
こうでも考えなきゃあそこでエンゲルグレーセは買えませんよね…
posted by 犬太郎 at 17:19| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

まだ見ぬ君へ

どうも
1/12の日記を読んだ嫁さんに
「私より眞鍋かをりの方を信じるんだね」と言われてしまった犬太郎です

それはさておき今週は自分にとっての大ニュースがありました

それはヤマカツリリーの引退です
この馬には阪神JFとローズSでお世話になりました
牝馬路線やダート路線でもっと活躍できると思ってましたがお疲れさまでした
繁殖入りということでおそらく子供が出てきたら追いかけてしまうことでしょう

ちなみにあと現役で好きな牝馬というと
ギミーシェルター、ヤマニンアラバスタ、タイムウィルテルってとこでしょうか

その影に隠れてマグナーテンやエリモブライアンも引退だそうです
名脇役たちの去り際は物悲しいものがありますね
名ばかりの乗馬ということなく余生を幸せに暮らせると良いのですが…


去る馬あればデビューする馬ありということで
今週は自分がPOGで指名した馬が2頭もデビューします
中山ではブライアンズタイム産駒のアスカロンが横山典騎手騎乗で
京都ではメイショウドトウの半妹プリンセスルシータが藤田騎手騎乗で
なかなか楽しみです

今週のメイン
京成杯では江田照で単騎逃げのカネサマンゲツ
日経新春杯ではコイントスとタニノエタニティの7歳馬が穴で面白そうと今のところ考えてます
posted by 犬太郎 at 10:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

はっぴーにゅーいやー

年賀状

年が明けましたね
しかし急な仕事で大晦日正月と出勤しててなんだか年が明けた実感がないんですよね…

そんな一年の幕開けですが
今年のも目標を掲げたいと思います
1、年間ワイド回収率120%以上
(昨年95.7%)

2、本命馬の三着以内率50%以上
(昨年38.4%)

3、G1レース10回的中
(昨年5回)



目標は高く設定しました
ちなみに3は武豊のG1レース10勝という目標に対抗してみました

さてどうなるでしょう
posted by 犬太郎 at 12:27| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

雪の降る町

今年もあと残りあとわずか
そんなわけで今年を振り返りたいと思います

今年は秋に楽天からシーサーに移動し
内容も馬連予想からワイド予想に変更しました
自分に一番合う馬券はワイドだということを確信した一年でした
その証拠にワイドなら17回的中があったのに対し
馬連だとセントライト記念の1回のみ…
無印にした馬のワンツーが22回もありましたし
ホントハズレまくった一年でしたねぇ…

年間回収率
ワイド回収率:95.7%
馬連回収率:2.3%


次に本命馬について見てみましょう
本命馬の成績は(11.20.14.72)
勝率が9.4%連対率が26.5%三着以内率が38.5%
とにかく本命馬が勝ちませんでした
平均の人気と着順は4.5番人気5.6着
昨年は4.8番人気5.8着でしたからあまり変わり無いですね

騎手別にみると
1位 10回 安藤勝己(2番人気4.3着)
2位 8回 吉田豊(5.3番人気5.6着)
2位 8回 佐藤哲三(5.4番人気5.4着)
4位 7回 福永祐一(1.3番人気3.7着)
4位 7回 横山典弘(2.9番人気3.7着)
6位 6回 田中勝春(4.2番人気6.2着)
7位 5回 幸英明(3.2番人気8.2着)
7位 5回 武豊(2.2番人気2.8着)
7位 5回 松永幹夫(5.2番人気6.6着)

一昨年昨年と首位だった吉田豊騎手を抑えて安藤勝己騎手が首位に
自分にしてはまんべんなく本命にしたのではないでしょうか
昨年2.1番人気6.5着と相性最悪だった武豊騎手と比較的相性良かったのと
一昨年4.9番人気3.0着、昨年5.2番人気4.0着と相性の良かった
幸騎手との相性が最悪になってしまったのが特徴的です



今年は結婚もしたし自分にとって大変充実した年になりました
来年も良い年になるといいですね

それでは良いお年を
posted by 犬太郎 at 23:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

オリジナルスマイルCS

さて明日のマイルチャンピオンシップなのですがまだ本命が決まりません
とりあえずデュランダルは切るというのは決めたのですが…
またいつものように全馬について検証してみたいと思います


1枠1番 ギャラントアロー  条件→ 状態↑ 鞍上→ 相手→
単騎逃げ濃厚で人気を落としていてとても買い時だと思います
走る気さえ無くさなければ勝ち負けできる能力あるでしょう
しかし外国人騎手が乗る先行する有力馬に潰される可能性も高く本命にするにはリスクが高すぎます
相手候補

1枠2番 フォルクローレ   条件↓ 状態→ 鞍上→ 相手↓
1400ベストですし相手も厳しくなるしここでは…
切り

2枠3番 ラクティ      条件? 状態→ 鞍上→ 相手↑
前走のレースの動画を見ましたが先行抜け出しでかなり強い勝ち方をしていました
香港への遠征実績もあり評判倒れには終わらないのではないでしょうか
まぁ不確定要素が多いので本命にはしづらいですが…
相手候補

2枠4番 マイネルソロモン  条件↓ 状態→ 鞍上→ 相手→
ムラ馬でしかも勝ち味に欠けて重賞未勝利ですが実績以上の能力は秘めていると思います
まぁでもここでは厳しいとみました
切り

3枠5番 ファインモーション 条件→ 状態→ 鞍上↑ 相手↑
取捨に困る馬ですね…
切るとやられそうだし買うと自滅しそうだし…
心情的には切りたいが…

3枠6番 マイソールサウンド 条件→ 状態→ 鞍上→ 相手↓
苦手の遠征+府中で惨敗して人気を落としてお買い得とは思いますが
やはりこの相手では厳しいでしょう
切り

4枠7番 デュランダル    条件→ 状態→ 鞍上→ 相手↑
この馬の実力に関しては言う事はありませんが切ります
今の内が伸びない馬場で各馬は大挙して外めに進路を取るはずです
そしてデュランダルはそのまた外を回して追い込んで…ってなることが予想されます
それでも届いたらしょうがないですがここで切って勝負してみたいと思います
地雷馬に決定

4枠8番 テレグノシス    条件→ 状態→ 鞍上↑ 相手↑
前走の負けは馬場状態と距離が原因で今回に尾はひかないと思います
乗り替わりも横山典騎手ならかえってプラスになるかもしれません
まぁデュランダルが届かないのにこの馬が届くって展開が考えにくいのがネックなのですが…
相手候補

5枠9番 バランスオブゲーム 条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
展開は好位を追走できるこの馬に向くと思います
まぁ勝ち味に欠ける馬と騎手のコンビなので勝つまではどうか…
相手候補(応援の気持ちで)

5枠10番 プリサイスマシーン 条件↓ 状態→ 鞍上→ 相手↓
芝のマイルは初めてだしこの相手では…
切り

6枠11番 メイショウボーラー 条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
決め手に欠けるところがありここで勝ちきるのは厳しそう
馬券圏内もどうでしょう…
とりあえず切り

6枠12番 アドマイヤマックス 条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
前走得意の府中で勝ちましたが基本的に勝ち味に欠ける馬
ここで京都コースのG1なら勝ち負けは無いでしょう
切り

7枠13番 マイネルモルゲン  条件→ 状態→ 鞍上↓ 相手→
一発を秘めた馬ではありますが自滅癖のある馬と騎手のコンビでG1では…
切り

7枠14番 ナイトフライヤー  条件→ 状態→ 鞍上↓ 相手↓
普通に力不足かと
切り

8枠15番 ダンスインザムード 条件↑ 状態→ 鞍上↑ 相手↑
桜花賞の走りができればこの相手でも十分通用するでしょう
中一週でG1を使った影響が出なければこの馬が勝つと思うのですが…
一応本命候補

8枠16番 ロードフラッグ   条件→ 状態↓ 鞍上→ 相手→
富士Sから直行なら狙えたかもしれませんが…
切り


…とここまで各馬を検証してみましたが
本命候補1頭に相手候補が4頭と買う馬はだいたい決まってきました
あとは前日オッズ見て夜あたりに買い目を決めましょう


実は自分的に日曜は府中のほうがメインです
メインの霜月Sではヤマカツリリーが復帰
そして10Rの奥多摩Sではニシノシタンがすごくお買い頃です


はたして日曜の夜を笑顔で迎えられるのでしょうか
posted by 犬太郎 at 10:09| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

Wondering

netkeiba.comのデータベースがリニューアルされましたね
以前よりデータが充実してより使いやすくなったのではないでしょうか
ユーザー参加型のパラメーターも面白いです

というわけで今日は
自分が予想のための情報を集めるために利用しているサイトを紹介してみたいと思います

netkeiba.com
各馬のデータを調べるのに便利です
柏木集保さんのコラムも面白いし予想大会も熱いです
ちなみに各馬のデータを見るためにはユーザー登録が必要です

ラジオNIKKEI 競馬実況ホームページ
調教後やレース後の各陣営のコメントを見るのに便利です

サラブnet
ここの馬柱をプリントアウトして利用しています
e馬に関する見解も参考になります


この3つのサイトを主に利用しています
あとは新聞を買うならスポニチ東スポですね

新聞の印を見て
買おうと思っていた馬に◎が付いてるとがっかりして
△がポツポツとか印が薄かったら嬉しくなってしまうのは私だけでしょうか…



それでは日曜に行われるエリザベス女王杯の現時点での見解を語ってみたいと思います

過去の結果を見てみると秋華賞との間隔が中2週から中3週になった2000年を境に
3歳馬がより活躍するようになったように見受けられます
やはり牝馬にとって間隔を詰めてG1に使うのは厳しいのではないでしょうか
アドマイヤグルーヴの天皇賞から中1週での参戦というのがどう影響するでしょうか
スイープトウショウとスティルインラブにも不安点があり簡単に3強では決まらないと思ってますが…

そんなわけで一頭一頭について語ってみたいと思います
条件…その馬に向く距離コースかどうか
状態…このレースに向けどれだけ仕上げているか
鞍上…このレースでその馬の能力を引き出せそうな騎手かどうか
相手…力を発揮できたときに敵う相手関係か


アドマイヤグルーヴ 条件↑ 状態↓ 鞍上↑ 相手↑
地力でいったら古馬ナンバー1でしょうがローテーションが厳しい
とても力を出し切れるローテーションに思えないので地雷馬候補

スイープトウショウ 条件↑ 状態→ 鞍上↑ 相手↑
確実に伸びてくる末足は素晴らしいものがありますが不利を受けやすい脚質でもあります
ゲート再試験があり順調でなかったことも少なからず影響がありそう
相手候補まで

スティルインラブ  条件→ 状態↑ 鞍上→ 相手↑
ここ目標に絞っていて状態面では申し分ないです
前走で復調の兆しも見せ三冠馬の底力を見せるお膳立ては整いました
まぁ燃え尽きたという可能性も否定できませんが…
とりあえず本命候補だが

ヤマニンアラバスタ 条件↑ 状態↑ 鞍上→ 相手→
このレースに向けて早めに栗東入りして輸送の不安が和らぎました
直線の長い京都外回りもこの馬に合いそうです
良くも悪くも無難に乗る柴田善臣騎手から牝馬G1に強い松永騎手への乗り替わりもプラスだと思います
この馬は3強と勝負になるだけの潜在能力を持っていると思うのですがどうでしょう
本命候補

エルノヴァ     条件→ 状態→ 鞍上↑ 相手→
距離が伸びて良さそうですしなんといっても鞍上ペリエは脅威です
しかし初の関西遠征というのがどうでしょうか
押さえようか切ろうか考え中

オースミハルカ   条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
重賞連勝中で勢いでいえばこの馬でしょう
昨年の直線半ばまで先頭だったレース内容に今年の勢いが加われば頭も十分考えられます
まぁいかにもトライアル血統っていう馬ではありますが…
相手候補

レクレドール    条件→ 状態↓ 鞍上→ 相手→
馬体重の変動振りを見ると使い減りするタイプのようです
アンカツが病気で乗れなくなったこともマイナス材料でしょうか
切り

オースミコスモ   条件↓ 状態→ 鞍上→ 相手→
距離が微妙だし春までの勢いもなくなってここで来るとは考えづらいです
切り

メイショウバトラー 条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
有力どこに後から行く馬がそろっているだけに逃げ粘りも考えられますが
同系のオースミハルカがいるだけにそこまで楽に行かせてもらえるでしょうか
押さえようか切ろうか考え中

エリモピクシー   条件→ 状態→ 鞍上→ 相手↓
近走は安定して追い込んでいますが勝ちきれません
今回も馬券圏内までは厳しいのではないでしょうか
切り

グローリアスデイズ 条件→ 状態↓ 鞍上→ 相手↓
このメンバー相手では厳しいと思います
中間にゲート再試験があったのも影響がありそう
切り

マイネヌーヴェル  条件→ 状態→ 鞍上→ 相手→
予定だった福島記念が除外濃厚でこちらにまわってきそう
いつもレースが終わった頃に追い込んでくるという印象ですが展開次第では馬券に絡むことも
基本的には切りだがちょっと押さえるかも

残りの
シンコールビー、ドルチェリモーネ、ブライアンズレター、メモリーキアヌ、レマーズガールは
問答無用で切ります
外国馬ウォートルベリーに関してはこれから検討します


さてどうなることか日曜が楽しみです
posted by 犬太郎 at 04:05| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

花を咲かせましょう

気合を入れて書いた菊花賞の展望がアップできずに消えてしまった…

要約すると
コスモバルクをミホノブルボンに例えて
ライスシャワーは誰になるだろうなって話

先頭で落ち着いて走らせることができたコスモバルクを差せるのは
右回りを克服したハイアーゲームか
実は強いという可能性をまだ残しているオペラシチーくらいでしょう

あとはコスモバルクが自滅するのを前提にしないと買い辛いですね
posted by 犬太郎 at 07:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

今ワイドが熱い

どうも犬太郎です
これからこのSeesaa BLOGで競馬の予想日記を書きたいと思います

さて現在JRAでは単勝・複勝・枠連・馬複・馬単・三連複・三連単そしてワイドと
計8種類の馬券が発売されています

その中でなぜワイドなのかを語りたいと思いますが
この辺は自己満足の世界なので読み流しちゃってください

自分は2002年の金杯からライコスと楽天で計2年と10ヶ月予想日記を書いてました
そこで毎回平地の重賞での馬連の買い目を書いて収支を計算していました
スマイルトゥモローのオークスの万馬券を的中させたりしたことは遠い昔
最近は全然当たらなくなってしまいました
そして昨年のローズステークスから今年のセントライト記念まで
ほぼ丸一年馬連的中無しの116連敗を達成してしまいました
しかしその間「ワイドなら的中だったのに」というのが14回ありました
それにはCBC賞の1着シーイズトウショウ−3着ゴールデンロドリゴ=4790円や
中京記念の1着メイショウキオウ−3着カンファーベスト=10230円などの高配当も含まれています
そして先日の秋華賞ではスイープトウショウ−ウイングレットのワイドで勝負して見事5010円の高配当をゲットしました
それに味をしめてこれからはワイドで勝負しようという気になったわけです


自分の予想を分析してみると
・買い目は2〜3点しか買わず人気上位馬もばっさり切る
・しかしそのあえて切った人気馬がホントよく来る
・せっかく注目していた人気薄の馬が穴をあけたのに馬券が取れてない
てな特徴がありそのへんのツメの甘さがワイド向きなのでしょう

今まではどうやったら馬連が当たるようになるかを試行錯誤していましたがもうやめます
基本的にワイドで勝負して「馬連や馬単はボーナス」「三連単は宝くじ」みたいな感じで買っていきたいなと思います

今ワイドが熱い


というわけでこれからは本命馬が4着になることが多くなるかもしれないのでお楽しみに…
posted by 犬太郎 at 10:47| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする