2005年10月13日

花曇りの日曜日

秋華賞の出走馬が確定しました
3/11の抽選を潜り抜けたのは
オリエントチャーム、テイエムメダリスト、トウカイルナの3頭でした

今回の秋華賞はラインクラフトとエアメサイアの2強評価で
その2頭が馬券の中心になると思われます

というわけで本日はその2頭の間に割ってはいる馬を探してみましょう


さて秋華賞はサンデーサイレンスの産駒にとって鬼門のレースということで知られています
過去9回行われたレースの中で馬券に絡んだのは
ローズバド、スティルインラブ、アドマイヤグルーヴの3頭のみ
去年に至っては非サンデーサイレンス直系の馬が5頭しか居なかったにも関わらず
1・2・3・5着を占める結果となりました
馬券に絡んだ馬はいずれも1・2番人気でサンデーサイレンス産駒に穴を期待するのは望み薄な気がします

今回サンデーサイレンス産駒の中に
戦績的には買いたいショウナンパントルやデアリングハートなどが居ますが
みんなまとめてバッサリ切ってしまいましょう


というわけでサンデーサイレンス直系以外の馬を考えてみましょう
エリモファイナル(オペラハウス)
スルーレート(フレンチデュピティ)
テイエムメダリスト(フレンチデュピティ)
トウカイルナ(エルコンドルパサー)
ニシノナースコール(ブライアンズタイム)
フェリシア(グラスワンダー)
ライラプス(フレンチデュピティ)

候補はこの7頭まで絞られました
この中で故障後休み明けで仕上がり途上のスルーレートと
芝が初めてでダート短距離しか走ったことないテイエムメダリストと
贔屓目にもここでは足りなそうなトウカイルナはバッサリ切りたいと思います

エリモファイナルは阪神JF、桜花賞、オークスと全て惨敗しておりG1でどうかという疑問は残りますが
京都コースは得意なので巻き返しはあってもおかしくないでしょう
前々から狙ってた馬ということもありますしね

ニシノナースコールは初のオープン初の関西というのがネックですね
そのわりに底を見せてないってことで穴人気しそうだし
あまり食指は動きませんね…

フェリシアはなんと言っても距離が課題でしょうね
ただ距離が不安ってことで全くノーマークになっていますね
重賞勝ち馬ですしクイーンS惨敗から直行というローテは去年のウイングレットと同じです
相当人気無いと思うので面白いかもしれません

ライラプスはG1で惨敗続きでトライアルでしか走らないという印象ですね
ってよく考えてみればエリモファイナルと同じですね
でも…どうなんでしょう…


そんなわけで2頭の間に割って入る馬を考えてみましたが
エリモファイナルとフェリシアが面白そうかなという結論に達しました
例え2強で決着してもこの2頭のどちらかが絡めば結構高配当が望めそうです
posted by 犬太郎 at 22:21| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この段階まではいつも完璧な気がする。
Posted by スワローマン at 2005年10月14日 11:01
確かに…
Posted by 犬太郎 at 2005年10月14日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

秋華賞 【総合ランクと予想】(枠番連動+サイン読みも)
Excerpt: 【秋華賞??躪腑薀鵐??鵐阿藩汁曄掉※( 消去法+着差理論+枠連動=総合ランキング )    予想項目3つの上位3位までを  1位:5P  2位:3P  3位:1P  として集計・ランキング化し上位馬..
Weblog: 競馬重賞予想ブログ 目標3連単で小金持ち!やっぱりG1馬かよ
Tracked: 2005-10-14 12:44