2005年08月20日

札幌記念とアイビスSDの予想

今週は札幌記念とアイビスサマーダッシュです

ところで「アイビス」ってなんなんでしょう
とりあえずはてな?で調べてみました
どうやら貧乳属性の負け犬キャラらしいですね

・・・って違いますね…

アイビス(ibis)とはコウノトリ目トキ科の鳥のことですね
日本で生息していたものが絶滅してしまった
学名Nipponia nippon(ニッポニアニッポン)のトキは
英語でJapanese crested ibis(日本の冠毛のあるトキ)と言うようです
現在佐渡にあるトキ保護センターでは
中国からやってきた友友と洋洋の子孫が続々繁殖しているようです
最初は公募とかして優優とか名付けてたのですが
だんだんと適当になっていき
しまいには番号で管理されていく様子がここを見るとよくわかりますね…
サンシャインのケープペンギンでさえフリッパーにつけているタグの色で
キムラ(黄色と紫)とかアオキ(青と黄色)とか名前付いてるのにね…

そんなわけでサラブレットはあんだけ数がいるのに
ほとんどみんなが名前をつけてもらえて
そういう点では幸せな動物なんですね…

そんなどうでもいいことをしみじみと思いつつ予想に参ります


札幌記念
例年に比べるとG1馬が一頭だけの少し寂しいメンツになってしまいました
そんな中7番人気と人気の盲点になっているサイレントディールを本命にします
自分の評価だと人気になっているエリモハリアーよりも馬の力的には上です
先行できる脚質も合いそうだし56キロで出られるのも良いです
鞍上も北海道シリーズ好調の藤田騎手だし良いこと尽くめです
その馬がこの人気で買えるなら美味しいことこの上ありません
相手は怖いテン乗りの横典で意欲の連闘策のダンスインザムードと
復活に期待したいコイントスの2点で勝負します
クイーンSが1着から6着までをサンデーサイレンス産駒が占めたように
札幌競馬場ではサンデーサイレンス産駒が買いです
◎11サイレントディール
○12ダンスインザムード
▲10コイントス
△1オペラシチー
△4ヘヴンリーロマンス
買い目は11-12=800,10-11=200ということで

キルトクール
エリモハリアー…函館で連勝もこの相手だと厳しいのでは



アイビスサマーダッシュ
連覇で3勝目を目指すカルストンライトオが今年も能力的には一番でしょう
しかし59キロと重い斤量な上最内枠を引いてしまいました
昨年も内枠を引きながらスタートダッシュで他馬を一馬身以上引き離し
楽々と外ラチ沿いを奪う離れ業をやってのけましたが
今年もうまくやれるでしょうか…
外ラチ沿いを奪取できなければこの馬は
あなたの居ない右側に違和感を感じながら走らなくてはならず
全能力を発揮できない恐れが十分考えられます
自分としては馬券圏内は死守するかもしれないが頭は厳しいと考えております
そんなわけで本命はカフェボストニアンにします
この馬は直線競馬で2戦2勝だしCBC賞で2回2着したりと重賞実績も休み明け実績も十分あります
枠と斤量にこれだけ差があればカルストンライトオを逆転できるんじゃないでしょうか
相手は軽量で一発ありそうなテイエムチュラサンと
やはり条件は不利でも実力上位のカルストンライトオの2点で
◎11カフェボストニアン
○7テイエムチュラサン
▲1カルストンライトオ
△10ウェディングバレー
△12スピニングワールド
買い目は7-11=500,1-11=500ということで

キルトクール
サクラプログレス…直線1000でダンスインザダーク産駒というのはどうだろう…



ダッシュといえば鉄腕ダッシュの名を語ったチェーンメールがまた出回ってるそうですね
うちにはそういったチェーンメールやらウィルスメールの類いが全然来たことないんですが
喜んでいいのやら悲しんでいいのやら…
posted by 犬太郎 at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 犬のワイド勝負!!-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【アイビスSD】◎スウィートエルフの甘い誘惑
Excerpt: 新潟11R【アイビスSD】 ◎スウィートエルフ ○ソルトレイクスター このレースに関しては「アイビスSD・出走馬ひとくち診断」と題して、すべての馬についての個別診断をしました。これらを踏..
Weblog: 【噂の競馬村】ハズレ馬券も想定の範囲内
Tracked: 2005-08-21 07:32

伝説のレースを忘れちゃいけない!札幌記念予想!!
Excerpt: 競馬は記憶のゲームと申します。。。 いかに昔の事を思い出せるかが勝利への近道だったりいたします。。。 しかし悲しいかな人間は忘れないと生きては行けない生き物なのです。。。 しかし、ここは思い出し..
Weblog: キルトクールブログ
Tracked: 2005-08-22 01:39