2005年06月30日

RADIO

今週は福島でラジオたんぱ賞が行われます

このレース名の元になった「ラジオたんぱ」は
会社名が「株式会社日本短波放送」から「株式会社日経ラジオ社」に変わったのに伴い
去年の4月から「ラジオNIKKEI」に愛称が変更になっています

しかし「ラジオNIKKEI賞」とはなりませんでしたね
まぁ日経賞とかと紛らわしいし
略したら「ラジニッケ」とかなるので言いづらいです


さて短波とは3〜30メガヘルツの周波数を持つ電波のことで
上空にある電離層というとこで跳ね返り遠くまで電波が届く性質があります
なのでラジオNIKKEIでは千葉にある一ヶ所の送信所から
日本全国に放送を届けることが出来ています

ちなみにAMラジオは周波数300キロ〜3メガヘルツの中波を使っていて
ラジオ日本の1422という周波数の単位はキロヘルツになります
対してFMラジオは周波数30〜300メガヘルツの超短波を使っていて
bayFMの78.0という周波数の単位はメガヘルツになります
テレビも超短波を使っており
例えばフジテレビが利用している8チャンネルは
映像を193.25メガヘルツ、音声を197.75メガヘルツの電波にのせています
同じテレビでもUHF局は300メガ〜3ギガヘルツの極超短波を使用しており
千葉テレビが利用している46チャンネルでは
映像を669.25メガヘルツ、673.75メガヘルツの電波にのせています
この辺の周波数帯になると電波は直進性が強くなり
送信所から遠い所へは届かなくなってしまいます(地球が丸いため)

このように用途に合わせて電波の周波数帯を使い分けているんですね

どーでもいいことですが自分はなぜか
アマチュア無線4級の免許を持っていたりします
10年以上前に取ったのですが
インターネット全盛の今でもやってる人っているんですかね…


さて今年のラジオたんぱ賞ですが
トップガンジョーやダブルティンパニーやピカレスクコートなど
前目で競馬をしそうな有力馬がそろって早めの展開になりそうです
小回りの福島ということもあり外枠に入った差し馬に注目でしょうか
posted by 犬太郎 at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック