2005年05月03日

イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ

名前というものはとても重要なものです

例えば今週のNHKマイルカップの実況で
「ラインクラフト抜け出した!勝ったのはラインクラフト!
             福永祐一ガッツポ〜ズ!!」
とか
「ペールギュント抜け出した!勝ったのはペールギュント!
              武豊ガッツポ〜ズ!!」

という感じになったら画になりますが

「イヤダイヤダ抜け出した!勝ったのはイヤダイヤダ!
             柴田善臣ガッツポ〜ズ!!」
という感じになったならもう笑うしかありません

まぁこの場合問題は名前だけではないような気もしますが…


さてこのNHKマイルカップで穴馬として注目しているのがストラスアイラです
年が明けてからはスタートで後手を踏んで負けが込んでいますが
適距離のマイルで好位からの競馬ができれば巻き返しは十分可能と踏んでいます

このストラスアイラというちょっと牝馬っぽい名前は
1786年に創業されたという現存する最古のスコッチウイスキーの蒸留所の名前で
シーバスリーガル社のハートとも言われるプレミアムウイスキーの銘柄でもあります

ストラスアイラで馬券を当てて勝利の美酒に酔いたいものです



名前といえばこのブログでは
曲名もしくは曲名を一部改変したものを記事のタイトルにつけています
曲のタイトルと記事の内容がうまくリンクするよう
密かにこだわっては自己満足に浸っております

自分としては
柴田善臣騎手について語った
私の彼は午前様」(平松愛理の曲名)
3つのレースで本命馬が全て2着に来たのに全て抜け目だったときの
Happiness×3 Loneliness×3」(TMネットワークの曲名)
嫁さんに作ったポテトサラダが不評だったことを書いた
あなたにポテトサラダ」(ドリカムの「あなたにサラダ」が元ネタ)
あとは天皇賞の結末に言葉を失ってしまった先週の
何も言えなくて…春」(J-WARKの「何も言えなくて…夏」が元ネタ)
なんかがタイトルとして気に入ってますね

このブログの「犬のわいどしょー」という名前も
ワイド馬券で勝負する競馬予想と
いろんな話題を取り上げるワイドショー的要素をうまく取り込んだ
お気に入りのネーミングです


そんなわけで名前にはこだわる犬太郎ですが
このブログにも時々コメントしてくれて
いろいろと親しくさせてもらっている「くろしろふねさん」が
好きだったクロフネの産駒を応援するブログを立ち上げてみたいということで
名付け親を買って出させてもらい
「クロフネの産駒を応援するブログ」という内容を
カタカナ4文字に凝縮した会心のネーミングができました

というわけで

ブログネ〜クロフネ産駒応援ブログ〜

興味を持った人はどうぞお越しください
posted by 犬太郎 at 14:03| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【NHKマイルC】有力馬ひとくち診断〜前編
Excerpt: ≪マイネルハーティー≫ 前走のニュージーランドSは今井雅宏氏の理論で言うところの「距離短縮ショック」が見事にはまった形となりました。だからこそ今回はそのショックの反動が心配されるところです。父のマイ..
Weblog: 【噂の競馬村】ハズレ馬券も想定の範囲内
Tracked: 2005-05-04 22:03