2005年04月02日

ダービー卿CTと大阪杯の予想

今週はG1の谷間
しかし日曜に行われる2つの重賞はどちらも予想のしがいのあるメンバーが揃ったと思います
それでは気合入れて予想しましょう


ダービー卿チャレンジトロフィー
勝ち味に欠け休み明けで余裕残しの仕上げのマイネルソロモン
近走好調な上がり馬だが使い詰めで上がり目の見込めないフジサイレンス
勝ったり惨敗したりと安定して力を出せないダイワエルシエーロ
皐月賞を快勝も喉の手術明けで不安なダイワメジャー
中山得意も特別勝ちも無い騎手に乗り替りが微妙なミッドタウン
除外ラッシュで芝のレースに出ることになってしまったジンクライシス
と上位人気馬にあまり飛びつきたい馬はいません
そこで本命は一昨年の覇者ダンツジャッジにします
近走で結果を残せていませんが力負けではないと思います
叩き2戦目で久しぶりの得意な中山コース
ここで走らないでいつ走るって感じです
相手は人気どこからはダイワエルシエーロを選び
あとは適距離のマイルと軽ハンデで一変ありそうなエイシンシャイアンと
安定した末脚が軽ハンデで活きそうなイシノミューズと
叩き2戦目軽ハンデで一発ありそうなマイネルゼストを狙います
◎9ダンツジャッジ
○3ダイワエルシエーロ
▲12エイシンシャイアン
△15イシノミューズ
△6マイネルゼスト
買い目は3-9=400,9-12=200,9-15=200,6-9=200ということで


大阪杯
不安のある有力馬と一発のある伏兵馬がそろって少頭数ながら面白いメンバーが揃いました
全馬にチャンスがあると思うので各馬について人気順に検証してみたいと思います

・アドマイヤグルーヴ
天皇賞3着・エリザベス女王杯連覇など実力上位 鞍上武豊も好材料
しかし昨年同じステップで7着惨敗したようにこの時期の牝馬は不安定
・サンライズペガサス
前走で復活の兆し、三年前の覇者で阪神コースで絶対的な強さを誇る
しかし屈腱炎明けで一戦一戦が脚部不安との勝負になる
・アドマイヤドン
ダート王者だが芝でもG1を勝っている 鞍上の安勝は阪神2000の鬼
しかしピークを過ぎた感があっての芝代わりで59キロの斤量もネック
・ハーツクライ
末脚比べならこのメンバーでも遜色ない
しかしダービー後精彩を欠き4歳世代のレベルに疑問も
・メガスターダム
前走中京記念を勝ち完全復活を果たす 逃げて展開を作ることも可能
しかし連続して好走できない馬で斤量増も割引材料
・サイレントディール
着順が悪いのはG1を使い続けてたから 前走叩いての変わり身が期待できる
しかしダート向きの馬で芝2000の適性も疑問
・セフティーエンペラ
前走1番人気を裏切ったがG2で勝負になるくらいの実力はある
しかし決め手勝負になるとこのメンバーだと辛いものがある
・トーセンダンディ
鞍上デムーロは心強い 単騎逃げでオールカマーの再現も
しかし夏場のほうがいい馬で休み明けで状態もいまいち
・マイネルベナード
前走休み明けで3着し叩き2戦目で上がり目も期待できる
しかしこの斤量でこのメンバーでは厳しいか

どの馬にも一長一短あって悩みますが
ハーツクライを本命にしたいと思います
超スローの決め手勝負が見込まれる9頭立てのレースでこの馬の末脚が活きてくるでしょう
ここで好走できないとG1戦線で戦えないので勝負にくると思います
相手は少頭数ですしサンライズペガサス一点でいきます
◎9ハーツクライ
○5サンライズペガサス
▲3アドマイヤグルーヴ
△7メガスターダム
△2セフティーエンペラ
買い目は5-9=1000ということで


今週は両方とも予想のしがいがあって満足しました
当たりますかねぇ…


キルトクール
ダービー卿CT
フジサイレンス…使い詰めて来ての久々の重賞挑戦では厳しいかと
大阪杯
アドマイヤドン…ダートでも絶対的な強さが見られなくなり芝でも厳しいかと
posted by 犬太郎 at 19:10| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | 犬のワイド勝負!!-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2747028

この記事へのトラックバック

総合力で予想しろ!ダービー卿CT予想!など、、、
Excerpt: えー。見るからに信用ならない面子があつまりました。。。 こういう時に近走の着順がいい馬に飛びつきがちですが、多分そういう馬は押し出された人気になっているので、買っても旨味がない。 っーか当てればな..
Weblog: キルトクールブログ
Tracked: 2005-04-03 23:38