2006年01月18日

スキスキ有頂天国

三谷幸喜監督第三弾の映画である
THE 有頂天ホテル』を見てきました…一人で

ホントは嫁さんと行きたかったんですが
「松たか子嫌いだから見ない」と言われてしまったもんで…

やっぱり映画は一人で見るより二人で見たいですね…


さてそんなわけで内容の方ですが
年越しパーティーの準備に忙しい大晦日の
ホテルアヴァンティというホテルを舞台に
23人のそれぞれに大小様々な問題を抱えた主人公たちが
知ってか知らずか互いに影響しあいながら
ちょっとだけ前に進んで無事に年を越す
そんなお話です

こういう限られた空間・時間の中で
人間模様で織り成される小さな物語を紡ぐことによって
これだけ広がりを魅せられるのはさすが三谷幸喜だなと思います

「このホテルは隣の声が丸聞こえじゃないか」と文句を言ったり
とある客が取り皿と灰皿を間違えたりと
そんな何気ない小ネタの一つ一つが後々に活きてきたりするので
何度も見返すうちに新たな発見があるかもしれませんね

自分的にツボだったのは
役所広司演じる副支配人が
久しぶりに会った別れた元妻に対して
見栄を張って嘘をつくとこ

いやこれってまんま「3番テーブルの客」のシチュエーションだったもので…


「3番テーブルの客」とは
昔音楽をやっていて今は喫茶店で働いている男が
客としてやってきた別れた元妻に対して
今も音楽をやっていると見栄を張って嘘をつく
そしてパッとポスターが目に入ったビビ萩原という人の
コンサートのバンマスをやっていると言うが
実はその元妻がビビ萩原だったというお話
そんな一つの脚本を毎週違う演出家が演出していくという
斬新な企画のドラマです

当時学生だった自分は「3テ研」なるものを作って
どの演出家のやつがどうだったと論評していたものです
まぁ会員は結局自分一人だけだったんですけどね


そんな過去の作品を絶妙にリンクさせて
マンネリ感を面白く感じさせるのも三谷作品の醍醐味ですね

白塗りの伊藤四朗や台車で移動する篠原涼子のところで笑いが起こっていましたが
ちょっとした小ネタ一つ一つの行方にも注目してみれば
より楽しめるのではないでしょうか

「THE 有頂天ホテル」お勧めです
posted by 犬太郎 at 04:32| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(2) | 犬のDAY BY DAY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


新しいブログランキング「トプログ」がスタートしました !

↓↓現在「参加ブログ募集中」です。
http://toplog.jp/?cid=taka
──────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼ ブログ登録3大メリット ▼▼▼▼▼▼
(1)月間総合ランキング1位に10万円贈呈!
(2)週間総合ランキングTOP 20のブログを毎週「各
   マスコミ・メディアにプレスリリース」致します。
(3)あなたのブログへのアクセス数が飛躍的にUP!
──────────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓あなたのブログも是非、参戦登録して下さい。(無料)
http://toplog.jp/?cid=taka
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑ パソコン・モバイルのどちらからでも登録可能です!


Posted by トプログ at 2006年01月18日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11852799

この記事へのトラックバック

THE 有頂天ホテル
Excerpt: ●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-01-19 23:21

映画「THE有頂天ホテル」を観ました
Excerpt: 今日は札幌駅の映画館で「THE有頂天ホテル」を観ました 平日+メンズデーで大変空いておりました (この間ハリーポッターを観たときは、冬休み+レディースデーで激混みでした) 映画の感想 まる..
Weblog: ブログリサ
Tracked: 2006-01-26 23:22