2006年01月15日

カエヌトクールの法則

ほら言わんこっちゃない…



京成杯
1着○ジャリスコライト
2着◎トウショウシロッコ
3着▲ネヴァブション
的中 ワイド:2-5→300×3.8=1140
   馬連:2-5→100×10.2=1020

ようやく今年初的中となりました
これで京成杯は過去5年間で3回本線1・2着的中となかなか相性の良いレースです

本命のトウショウシロッコは惜しくも2着に敗れました
今後もこんな感じで相手なりに惜しいとこまで行く
シックスセンスのような馬になっていけば面白いですね

勝ったのは圧倒的一番人気を背負ったジャリスコライトですが
相手が揃ってなかったこともあり次走でまた人気を被るようなら疑いたいですね
それにシロッコを負かしたわけですから
カミーユみたいに精神崩壊を起こしてないとは限りません
現に今までトウショウシロッコを負かした馬の
次走の成績は(0,0,1,6)で、DG指数は0.06になります…
って訳わかりませんね…ゴメンナサイ


キルトクール
 ニシノアンサー 2番人気8着 成功



日経新春杯
1着▲アドマイヤフジ
2着…スウィフトカレント
3着△インティライミ
4着◎マーブルチーフ

1600万下条件である古都Sの1・2着でそのまま決まりました
まぁ去年の勝ち馬も前々走は古都S3着だったサクラセンチュリーですし
その古都Sは1着アイポッパー2着ヘヴンリーロマンスってな感じで
今後も出世レース古都S組には気をつけたほうが良いかもしれませんね

本命のマーブルチーフは惜しくも4着に敗れましたがまぁこんなもんでしょう
この馬はもっと人気の盲点になっている時に穴をあけるのでしょう

一番人気だったインティライミは見せ場たっぷりの3着
あれだけ不安材料を抱えながらあの競馬ができるのであれば
古馬になってからもG1戦線で活躍できそうですね

キルトクール
 ストラタジェム 5番人気5着 成功



     今年の収支-1740



最近キルトクールが好調です
やはりDG指数の導入が活きているのではないでしょうか
今回も今までの自分だったら確実にインティライミをキルトクールに指名していたところですが
前回の騎手研究で佐藤哲三騎手の京都コース限定とG2限定での指数が跳ね上がっていたのを見たので踏みとどまることができました

うまとめ06によると今年に入ってからのキルトクール馬のDG指数は0.08です
年間を通してこれくらいでいければとてもカッコ良いんですけどね…
ちなみに本命馬のDG指数は0.52で、こちらの方はなんとかせねばなりません




そんなこんなで今週はPATの残高がなかったおかげで
取れるはずの馬券を買い逃しまくりました
買えない時に限って予想が当たる
この現象を「カエヌトクールの法則」とでも名付けましょう


・・・つまりねボクが言いたいのはね


馬券上手
posted by 犬太郎 at 23:21| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | ふりむけば買える!?2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11746994

この記事へのトラックバック

京成杯と日経新春杯の結果・・・。
Excerpt: ■京成杯 ジャリスコライト、順当勝ちってトコロでしょうか・・・。 よ??く考えたら、格が違いマスよね。 菊沢(怒) やっぱりノリちゃんじゃないと(泣) 帰ってきてー。 ..
Weblog: kazの??いろんなことに興味があるんだぁ??!??
Tracked: 2006-01-16 00:10