2005年12月31日

振り向けば買える

さていよいよ大晦日です
しかしまだ今年の「ワイド勝負!!」を振り返っていませんね
というわけで今のうちに振り返っちゃいましょう


まずは今年の収支から

支出総額 159500
払戻総額 131750
総収支  -27750
回収率  82.6%


そんなわけでマイナス収支に終わりました
ちなみに過去3年間のワイド回収率は
04年:95.7%
03年:82.4%
02年:81.6%
という結果でした
だいたい毎年同じような数字をたたき出していますね

次に同じ買い目で馬連を買っていた場合の回収率ですが
(04年途中までは基本は馬連で「もしワイドで買ってたら…」というスタイルでした)
05年:112.9%
04年:2.3%
03年:60.7%
02年:137.8%
こちらは一桁から三桁までバラつきありまくりです
02年はオークスでスマイルトゥモロー-チャペルコンサートの万馬券を本線的中したため
05年は鳴尾記念で350倍の馬券を当てたため
それぞれプラス収支になりましたね
やはり長期間でのプラス収支を実現したいのであれば
この爆発力は必要不可欠ですね


4年間こうやってブログで予想を公開し収支をつけてきましたが
単一の馬券で安定した高回収率を得るのは厳しいという判断に達しました

今年一杯で「ワイド勝負!!」は終わりにして
来年からは基本はワイドで予想するが
高配当が望めなさそうな時は馬連や三連複など高次の馬券に変えて
また自信のあるときは高次の馬券を買い足すといった感じで
ワイドの唯一にして最大の弱点である爆発力を補いたいと思います
「ワンコinぎゃんぶる!!」と題して
低配当には手を出さず支出額を抑えて
高配当馬券を狙い年間プラス収支を目指したいと思います



それでは細かい分析の方を

ワイド的中は19レースで的中率は16.1%でした
倍率順に見ていくと
1位 鳴尾記念 メジロマントル-カンファーベスト 7100円☆
2位 福島牝馬S スターリーヘヴン-レクレドール 5900円
3位 クイーンS ヘヴンリーロマンス-チアフルスマイル 3730円
4位 フェアリーS ウェスタンビーナス-サザンビューティー 3520円
5位 阪急杯 カルストンライトオ-ウインクリューガー 2290円
6位 マーチS クーリンガー-サミーミラクル 2220円☆
7位 阪急杯 キーンランドスワン-カルストンライトオ 1990円☆
8位 中京記念 メガスターダム-サンライズペガサス 1490円☆
8位 武蔵野S サンライズバッカス-ヒシアトラス 1490円
10位 エルムS パーソナルラッシュ-カイトヒルウインド 1430円
11位 府中牝馬S ヤマニンアラバスタ-マイネサマンサ 1010円
12位 京都大賞典 リンカーン-コイントス 930円☆
13位 ローズS ラインクラフト-ライラプス 730円
14位 ユニコーンS アグネスジェダイ-ドンクール 700円
15位 京都牝馬S アズマサンダース-ウイングレット 690円☆
16位 京都金杯 ハットトリック-アズマサンダース 580円
17位 毎日杯 コスモオースティン-コンゴウリキシオー 390円
18位 アーリントンC ビッグプラネット-インプレッション 380円
19位 大阪杯 サンライズペガサス-ハーツクライ 360円☆
20位 ユニコーンS カネヒキリ-ドンクール 150円
21位 弥生賞 ディープインパクト-アドマイヤジャパン 140円☆
☆は1・2着で的中のものです
阪急杯とユニコーンSは2点的中です


まずはグレード別ワイド回収率

G1:0%
G2:56.2%
G3:178.3%

結局G1は一回も当たりませんでした…
G3でこつこつ貯めた分をG1で浪費するという構図がハッキリと出ています
来年はグレードにこだわらず自信度で購入額を決めましょう…


続いてレースの種類別ワイド回収率

古馬芝戦:81.4%
古馬ダート戦:173.1%
古馬牝馬限定戦:339.9%
三歳戦:23.1%
三歳牝馬限定戦:50.3%
二歳戦:52.1%

ダート戦と古馬牝馬戦が好調でしたね


次に競馬場別ワイド回収率

札幌:458.5%
福島:442.5%
阪神:160.0%
中京:66.2%
京都:47.6%
中山:47.0%
府中:40.2%
新潟・小倉・函館:0%

クイーンSとエルムSを的中した札幌と
福島牝馬Sを的中した福島で高回収率をたたき出しました
やはりG1の多い競馬場は軒並み低迷ですね…



それでは今度は本命馬について振り返ってみましょう
今回はDG指数を使ってより相性がわかりやすくでると思います


今年の本命馬の成績は5.7番人気で6.0着でした
本命馬のDG指数は3.19です
ちなみに自分のキルトクール指名馬の指数は1.85でしたからまぁ良いほうなのかな?

過去の本命馬の指数を見てみると
02年:2.58
03年:2.40
04年:2.49
となり今年は以前に比べて本命馬選びは好調だったようです


グレード別にみると
G1:3.29
G2:4.91
G3:2.04
となりワイド回収率とは異なる結果がでました
おそらくG3では穴で狙った馬から有力どこへという戦略がはまり
G1では自信の本命から人気薄へという戦略が決まらなかったという構図でしょう


レースの種類別にみると
古馬芝戦:2.81
ダート戦:2.05
古馬牝馬戦:6.33
三歳馬戦:3.46
三歳牝馬戦:2.72
二歳馬戦:2.26
となり古馬牝馬戦の絶好調振りが如実に現れています


競馬場別にみると
府中:4.78
京都:3.90
札幌:3.38
阪神:3.66
中京:2.98
新潟:2.30
福島:1.94
小倉:1.88
中山:1.87
函館:0.00
となりこちらもワイド回収率とは全く異なる結果となりました


続いて騎手別の指数です
4回以上本命にした騎手を指数の高い順に並べてみました
大西直宏(4回):8.50
佐藤哲三(4回):6.75
武 豊 (9回):6.67
横山典弘(7回):4.20
福永祐一(6回):3.56
松永幹夫(5回):2.23
蛯名正義(6回):2.08
武幸四郎(4回):1.94
田中勝春(9回):1.82
勝浦正樹(4回):0.00
阪急杯のカルストンライトオと福島牝馬Sのスターリーヘヴンで
高配当をもたらしてくれた大西騎手がトップの値をたたき出しました
回数トップは9回本命にした武豊騎手と田中勝春騎手ですが
指数には大きな差が…
ただ武豊騎手は7回馬券に絡むも的中は弥生賞の1.4倍のみだったのに対し
田中勝春騎手は馬券に絡んだ3回のうち
京都牝馬S・マーチSと2度も1・2着でワイドを的中できたので
指数が低いから相性が悪いとは限りませんね
まぁ田中勝春騎手は4回も4着がありましたけどね…



そんなわけで今年を振り返ってみました
過去の経験を活かして来年以降の予想に役立てたいと思います

♪振り向けば 買える
 その馬は 買える
 買えると言われちゃ 買うしかない
 買えると言われちゃ 笑っちゃお


…わけわかりませんね
ゴメンナサイ



ところでこのDG指数って
いろいろ応用が利いてかなり使い勝手が良いですね
これは良いものを発明したなぁ…



それでは皆さん良いお年を
posted by 犬太郎 at 10:53| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | レース回顧-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もお疲れ様でした。
さて、私の成績ですが。
17年回収率82.25% 的中率15.41%
16年回収率82.15% 的中率15.35%
15年回収率79.33% 的中率15.59%

驚くほど毎年ほぼ同じです。
毎年思うんですが来年こそはプラス収支で
でっかく儲けたいですね。
Posted by スワローマン at 2005年12月31日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11195472

この記事へのトラックバック

2005 G??◎予想成績+キルトクール成績
Excerpt:  2005年も、あと1日。。。  収支成績を出そうと思ってましたが、かなり醜い結果に終わってるので  ソレをUPするのは中止wMOTTOIさんを例に取り◎○+キルトクール馬の集計をして見ますw  20..
Weblog: 【偽】近藤利一の競馬予想
Tracked: 2005-12-31 16:36

オーナーのキルトクール年間営業成績
Excerpt:  春のG??天下一キルトクール武道会を皐月賞から参加し、  7月29日に正社員に!!  ということで7月〜12月までの約半年間のキルトクール成績です。  ●2005キルトクール公式営業成績 ..
Weblog: 【偽】近藤利一の競馬予想
Tracked: 2005-12-31 17:17