2005年12月30日

年末カウントダウン

2005年もいよいよ大詰めです

そんなわけで今年を振り返ろうと思いますが
まずは今年の重賞戦線で特に印象に残ったレース
トップテンをカウントダウン形式で紹介してみようと思います



第10位 オークス 勝ち馬シーザリオ
ここで本命にしたのはディアデラノビア
「シーザリオを負かせるのはこの馬しかいない」ということで本命に
そしてシーザリオは「府中の魔物に期待」ということで一銭も買わず
ホント理論の破綻した買い方ですよね…
そんな自分が来年最も期待しているのがディアデラノビアです
ぜひとも人気を被っているときは裏切り
人気を落としたところで力の違いを魅せ付けて
高配当をもたらす
そんな「強いんだけど脆いところがある」という
自分好みな馬になることを期待したいです



第9位 クイーンS 勝ち馬レクレドール
もし今年一番の会心の本命は?と尋ねられたら
「このときのヘヴンリーロマンスです」と答えます
10番人気と完全に人気の盲点になっていたところを狙い撃ち2着に好走
チアフルスマイルとのワイド37.3倍を見事的中できました
しかしその後この馬が天皇賞を勝つことについては想定の範囲外でした
「コイントスが出られるよう回避してくんないかな」みたいな事言っちゃったし…



第8位 有馬記念 勝ち馬ハーツクライ
ディープインパクトが負けてしまったり
ハーツクライがアッと驚く先行策で勝ったりと
なかなかディープインパクトな有馬記念でしたが
自分的にディープインパクトだったのが
サンライズペガサス田中勝春に乗り替わり!!
前売りでディープサンペガのワイド一点勝負馬券買ってましたからね…
レース中は
(出遅れた…)
(あんな後ろでどうするんだよ…)
(あぁ馬群でもがいてる…)
(あらら…ディープ負けちゃった)
(あの競馬で7着まで来たのか…)
ってな感じでかなり冷静に見てましたね
パートナーに恵まれていたらG1の一つや二つ勝てた馬と思いますがどうでしょう
種牡馬入りということで次の世代に期待しましょう



第7位 毎日杯 勝ち馬ローゼンクロイツ
我ながら芸術的な馬券の外し方をしました
5番人気2着の馬を本命にして
掲示板に載った馬を全部買っているのにも関わらず
馬券は当たらないという…
良く言えば「予想上手の馬券下手」
率直に言えば「ただのお馬鹿」


第6位 府中牝馬S 勝ち馬ヤマニンアラバスタ
三年連続◎○ワイド的中という相性の良いこのレースで
今年も◎▲ワイド的中となりました
しかし三連単万馬券も余裕で当てられる印の付け方で
ワイドしか買えなかったのはちょっともったいなかったですね…



第5位 安田記念 勝ち馬アサクサデンエン
予想はサイレントウィットネスからサンデー産駒以外ということで
そこまではドンピシャだったのですが
スイープもデンエンも買えませんでしたね…
この日は嫁さんと京成バラ園に行ってて
3時ごろに帰る雰囲気になって
今なら中継に間に合うとソワソワしていたのを
「まるでトイレに行きたい犬のようだった」と表現され
未だにことあるごとに言われ続けています…



第4位 毎日王冠 勝ち馬サンライズペガサス
9番人気と人気を落としていたサンライズペガサスが快勝
単勝17.9倍をゲットできました
しかし惜しむらくは190倍ついたケイアイガードとのワイドを当てられなかったこと
人気の盲点になっていましたが決して買えない馬ではなかったと思います
ちなみにこのレース当時でのDG指数を計算してみると

カンパニー 10.58
スイープトウショウ 9.39
ハットトリック 8.44
ケイアイガード 8.44
サンライズペガサス 7.78
バランスオブゲーム 7.22
ダイワメジャー 7.07
コスモバルク 6.91
エリモハリアー 5.49
カナハラドラゴン 5.34
サイレントグリーン 5.18
スズノマーチ 5.09
ロードフラッグ 4.50
ハイアーゲーム 4.15
テレグノシス 3.61
メイショウカイドウ 3.50
グラスエイコウオー 2.71

という感じになり
やたら値の高かったケイアイガードに気をつけることは十分可能だったでしょう
2着のテレグノシスは下から3番目の値でしたが
東京コースでの成績を抽出すると7.23まで指数が跳ね上がる馬なので十分買えると思います
来年はこんなDG指数を活用して混戦のレースで高配当馬券を当ててみたいものです



第3位 宝塚記念 勝ち馬スイープトウショウ
三年前からこの馬は宝塚記念を勝つ馬だと想い続けていました
そしてようやく出走にこぎつけることができました
しかし不利を受けたことも響いて5着に敗退
馬券的には頭では買い辛いが相手としては買いたいと評した2頭で決まり
思いっきりタテメを食らいました
でも後悔はしていません
心の中で先頭を駆け抜けたのはサンライズペガサスなのだから…
・・・なんてね(´・ω・`)



第2位 鳴尾記念 勝ち馬メジロマントル
今年の最高払い戻しを記録したのがこのレース
自信の本命カンファーベストと穴で狙ったメジロマントルで決まりました
しかしワイドで勝負して1・2着で決まったのでちょっと複雑な想いはありますね…
来年はこういうチャンスに馬連や三連複もキッチリと仕留めたいです



第1位 新潟記念 勝ち馬ヤマニンアラバスタ
ヤマニンアラバスタが初重賞制覇を果たしたこのレースが一位ということで
穴で狙ったタニノエタニティの奇襲逃げにも
メイショウキオウの影を感じてワクワクしましたね
まぁ結果はビリだっだわけですが…




そんなわけで今年もいろいろありましたね
色々ありすぎてディープの三冠レースがランキングに入りませんでした…

来年は順調に行けばオークスの日あたりに家族が増える予定なので
今からどんな未来が待ち受けているのかとても楽しみです
posted by 犬太郎 at 14:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | 馬のわいどしょー-2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11169328

この記事へのトラックバック

ひとりごと 54
Excerpt: 回顧 去年、気になった重賞があります。それは「金鯱賞」タップダンスシチーが3連覇を達成したレースでしたがテレビ中継が最悪でした。このレースは2頭の競走中止がありました。どちらもユウイチがのっ..
Weblog: ボルジャノン厩舎
Tracked: 2006-01-02 09:59